会社概要

会社概要

会社名 農事組合法人 井土生産組合
所在地 〒984-0842
宮城県仙台市若林区井土字大分318-1
代表電話・FAX 代表電話:022-794-7571、FAX:022-794-7827
設立年月日 平成25年1月17日
資本金 1,950,000円
代表者 代表理事 鈴木保則
構成員等 構成員16名(うち役員 理事8名)
・平成26年にJA仙台からの出資を受け構成員16名となる。
常時雇用1名、パート10名(平成27年4月現在)
経営概要 経営面積 100ha(水田85ha、畑地15ha)
主な施設・機械の保有 トラクター7台(75ps×3台、65ps×1台、34ps×3台)
6条コンバイン×3台、8条田植機×4台、パイプハウス21棟(5,337平方メートル)
園芸用機械(たまねぎ移植機、収穫機、ねぎ収穫機、出荷調整機 他)

視察研修等の受け入れについて

代表あいさつ

ここ井土地区は、宮城県仙台市中心部から南東部に位置しており、豊かな食材に恵まれていたことから、藩政時代より伊達藩の台所としての役割を果たしてきました。近くには、伊達政宗が切り開いた貞山運河があり、水清く、流れも緩やかに太平洋に注いでいることから、海・川双方の魚やシジミも取れました。また、秋になると、海岸線に沿って南北に広がる松林には、秋の味覚であるキノコが群生し、キノコ採り等でにぎわう楽しみの多い場所でもありました。

しかし、あの東日本大震災で大きく変わってしまいました。地区の農地も瓦礫で無残な状況でしたが、関係者他、多くの方々の支援により農地が復旧しました。これからは少しづつ皆さんへの恩返しをすべく出来る所から創生して行きたいと考えております。

先祖代々引き継がれて来たこの農地を、我々の代で荒らすわけにはいかない。

ss

あの穀物の実り豊かな大地に戻そうと、15名の有志で平成24年12月に、農事組合法人「井土生産組合」を立ち上げました。ヨチヨチ歩みから一歩一歩確実に前に進んでおり、少しづつ稲作の耕作面積を広げております。更に、新規に整地された耕作地の状況を見極めながら畑作物の作付も実施し、少しづつ品目数を増やす等前向きに進めております。これも全て行政・JA等、幾多の皆様による御支援によるもので、感謝の気持で一杯です。

これからお客様に喜ばれる安心で、安全な農産物を提供すべく適切な施肥管理、品質の高い農産物生産とニーズに対応した園芸作物生産に取組み、地域性を生かした創意工夫をある農業を目指して行くつもりですので、ご声援よろしくお願いいたします。

代表理事 鈴木 保則

アクセス

お車でお越しの場合
  • 「JR仙台駅」より車で約30分
  • 東北自動車道「仙台東IC」より車で約15分
  • 「仙台空港」より車で約20分
バスでお越しの場合
  • 仙台駅前バスプール< 5番 >のりば
    【500系統 井土浜・中野行きバス】乗車
    バス停「井土浜」下車、徒歩7分
    (2016年2月現在)