仙台井土ねぎ誕生|井土生産組合

ここ井土地区には古くから宮城の台所を支え、
大津波のあとも枯れることなく湧き続けている良質な井戸水がある。
先祖伝来の肥沃な耕土は失ったが、落胆する間もなく土を耕し、
再起した「井土の中の蛙」たちがいる。
この土地に魅了され続けて、知り尽くしたからこそが育てられる
あらゆる優れた農作物でもう一度、
地元の食文化を支えたいという気持ちを込めて。

井土生産組合について

井土生産組合ニュース